タイ政府、違法融資行為を取り締まる

プレスリリース:

バンコク (NNT) – 政府は、違法融資と高利貸しに対する取り組みを国家問題として優先し、強化しています。 スレッタ・タビシン首相は、このような融資慣行は「現代の奴隷制」に等しいと述べ、公共の福祉を改善するためにそのような融資慣行を排除することに重点を置いている。

これらの違法融資の影響を受けた債務者は、1567月29日までダムロンタムセンターホットライン75,199または地元の地方事務所を通じて支援を求めることができる。すでに3.82万XNUMX人が総額約XNUMX億XNUMX万バーツの借金の相談に登録している。

タイ王立警察 (RTP) と首相官邸は、高利貸しを通報するためのホットライン (それぞれ 1599 と 1111) を設置しました。 苦情は迅速に処理され、警察の即時措置が可能になります。

政府の戦略には、公正な和解に達するための債務者と貸し手の間の調停も含まれている。 これらの協定は内務省が監視しており、実現可能な返済条件に焦点を当てている。 首相官邸がこれらの取り決めを監督することになる。 未解決の事件は法的措置につながる可能性があります。

アヌティン・チャーンヴィラクル内務大臣も、債務者のこの支援へのアクセスを妨げないよう貸し手に警告し、破壊行為や報復行為はより厳しい法的結果を招くだけだと指摘した。

上記はタイ政府広報部からのプレスリリースです。

グンナンスクサワット
Goong Nang はニュース翻訳者で、タイの複数の報道機関で長年専門的に働いており、パタヤ ニュースでも XNUMX 年以上働いています。 主にプーケット、パタヤのローカル ニュース、および一部の国内ニュースを専門とし、タイ語から英語への翻訳に重点を置き、記者と英語圏のライターの間の仲介者として活動します。 ナコーンシータンマラート出身ですが、通勤時以外はプーケットとクラビに住んでいます。