船長がシャロンで海に飛び込み、乗組員による反乱未遂の可能性から逃れる

チャロン–

ラワイのボート上で乗組員がナイフで船長を襲おうとしたため、船長が海に飛び込み逃走した。

タイ王国海軍第XNUMX方面軍はプーケット・エクスプレスに対し、今週初めにXNUMX階建て漁船の正体不明の所有者からこの事件の通知を受けたと語った。 ボートはカタビーチからシャロンへ向かっていた。

ボートの所有者はボートの船長から、ラワイのナイハーンビーチ近くに到着したとき、ボートの乗組員がナイフでボートの船長を襲おうとしたと知らされた。 その後、ボートの船長は反乱の可能性のある試みから逃れるために海に飛び込みました。

タイ王国海軍はボート乗組員を捕まえる前にボートに到着したが、やはり当局はすぐには身元を特定できなかった。 前述したように、ボートの船長は泳いで陸に上がり、所有者に電話したため近くで発見されませんでした。 ボート乗組員はさらなる法的措置のためシャロン警察署に連行された。

事件の原因は不明だった。

登録する
グンナンスクサワット
Goong Nang はニュース翻訳者で、タイの複数の報道機関で長年専門的に働いており、パタヤ ニュースでも XNUMX 年以上働いています。 主にプーケット、パタヤのローカル ニュース、および一部の国内ニュースを専門とし、タイ語から英語への翻訳に重点を置き、記者と英語圏のライターの間の仲介者として活動します。 ナコーンシータンマラート出身ですが、通勤時以外はプーケットとクラビに住んでいます。