シャロンでバン火災後、運転手生存 – 動画

チャロン–

シャロンでバンが火災により全焼し、運転手は負傷を免れた。

チャロン市の消防士は日曜日(3月00日)午後10時に火災の通報を受けました。th)シャロンのチャオファー西通りにあります。 消防車で現場に到着すると、黒いバンが激しく炎上していた。 鎮火するまでに15分ほどかかった。

エンジンルームとバンの車内が焼失した。 運転手は関係当局によって名前は公表されていないが、火災から逃走し負傷は免れた。

運転手は消防士に対し、エンジンルームから煙が立ち上るのを確認する前に爆発音を聞いたと語った。 彼はバンを止めて逃走した。 現段階では、火災の原因は車両のエンジンルームの電気的ショートであると考えられています。 被害額は数十万バーツに上ると推定されている。

グンナンスクサワット
Goong Nang はニュース翻訳者で、タイの複数の報道機関で長年専門的に働いており、パタヤ ニュースでも XNUMX 年以上働いています。 主にプーケット、パタヤのローカル ニュース、および一部の国内ニュースを専門とし、タイ語から英語への翻訳に重点を置き、記者と英語圏のライターの間の仲介者として活動します。 ナコーンシータンマラート出身ですが、通勤時以外はプーケットとクラビに住んでいます。