プーケットのカロン沖で外国人と思われる遺体が浮いているのが発見される

写真:Kusoldharm Foundation

カロン –

外国人男性のものと思われる遺体がカロン沖の海で見つかったという。

クスルダルムの救助ダイバーらは、タイ王国海軍第16方面軍からこの事件の通知を受けたと報告した。 地元の漁師は、カロンビーチから約16海里の海で外国人の男性の遺体が浮かんでいるのが見つかったと報告した。

伝えられるところによると、遺体にはシャツのみが着られており、ボトムはなかったという。 救助ダイバーらが遺体回収のため現場に向かった。 しかし、救助隊員は遺体を発見できず、後に遺体は漂流したと報告された。

捜索は日中も続く見通しだ。

写真:Kusoldharm Foundation
登録する
グンナンスクサワット
Goong Nang はニュース翻訳者で、タイの複数の報道機関で長年専門的に働いており、パタヤ ニュースでも XNUMX 年以上働いています。 主にプーケット、パタヤのローカル ニュース、および一部の国内ニュースを専門とし、タイ語から英語への翻訳に重点を置き、記者と英語圏のライターの間の仲介者として活動します。 ナコーンシータンマラート出身ですが、通勤時以外はプーケットとクラビに住んでいます。