タイ観光省、二次都市の観光促進を目指す

プレスリリース:

(NNT) – 観光スポーツ省は二次都市での観光促進に注目しています。

スダワン・ワンスパキコソル観光・スポーツ大臣は、タイの二次都市における観光を強化する計画を発表した。 この取り組みは、主要なホットスポット以外にも観光名所を拡大するという首相の政策と一致している。

ノンブアランプーやカンチャナブリーなどの見どころが豊富な県は、地元および海外からの観光客の注目を高めるターゲットとなっています。 同省の2024年の目標は、観光客の平均支出額を増やすことで、現在平均滞在日数は43,000日間、9旅行当たり約XNUMX万XNUMXバーツとなっている。

これを達成するために、同省は、二次都市での光と音のイベントを含むさまざまなプロモーション活動を開催します。 これらのイベントは、観光客がこれらの都市だけでなく近隣の観光スポットへの滞在を延長することを奨励することを目的としています。 宿泊施設の準備がこのプロモーション戦略の鍵であり、国境の州に限定されません。

例えば、マレーシアからの観光客は南部国境県だけでなく、バ​​ンコクやタイ北部も頻繁に訪れます。

同大臣は中国人観光客の減少について言及し、今年は顕著な減少が見られたと指摘した。 しかし、他国からの訪問者の増加により、市場の焦点を変える必要があります。 現時点で無料ビザ政策を延長する計画はありませんが、同省はヨーロッパからの観光客の滞在期間を延長することを検討しており、現時点では30日間の滞在で十分であると考えられています。

上記はタイ政府広報部からのプレスリリースです。

グンナンスクサワット
Goong Nang はニュース翻訳者で、タイの複数の報道機関で長年専門的に働いており、パタヤ ニュースでも XNUMX 年以上働いています。 主にプーケット、パタヤのローカル ニュース、および一部の国内ニュースを専門とし、タイ語から英語への翻訳に重点を置き、記者と英語圏のライターの間の仲介者として活動します。 ナコーンシータンマラート出身ですが、通勤時以外はプーケットとクラビに住んでいます。