行方不明のフィンランド人男性、フィンランドで家族と連絡が取れなくなりパトンで無事発見

プーケット-

プーケットで行方不明になっていたフィンランド人男性は、故郷フィンランドの家族と連絡が取れなくなっていたが無事発見され、家族に大きな心配を与えた。

プーケット観光警察は金曜日(15月XNUMX日)、プーケットエクスプレスに次のように語った。th)フィンランド在住の友人の家族から警察に通報するよう連絡を受けたというフィンランド人男性旅行者Aさん(仮名)から連絡があった。

家族はAさんに対し、6月XNUMX日からプーケットを訪れていた息子と連絡が取れないと話した。th 、 先週。 彼らは行方不明の男性が危険にさらされるのではないかと心配した。 Aさんは行方不明の男性を直接見たことがなかったため、警察に被害届を提出することに同意した。

プーケット観光警察は捜査に同意し、フィンランド人観光客が木曜の夜(14月XNUMX日)にパトンに滞在していたことが判明した。th)そして安全で元気でした。 警察の勧めで、「行方不明」の旅行者は最終的にフィンランドにいる家族に連絡し、無事であることを伝えた。

男性が家族とXNUMX週間以上連絡を取らなかった理由や連絡が取れなくなった理由は不明。 「行方不明」の観光客の名前はプライバシーを理由に伏せられた。

プーケット・エクスプレスは、特にパタヤやプーケットでは、行方不明になった観光客が後に元気になって戻ってくることがよくあるため、タイではこれは珍しいことではないと指摘している。 多くの場合、単に休暇を楽しみすぎて連絡が取れなくなってしまっただけです。 Aさんは警察の協力に感謝した。

グンナンスクサワット
Goong Nang はニュース翻訳者で、タイの複数の報道機関で長年専門的に働いており、パタヤ ニュースでも XNUMX 年以上働いています。 主にプーケット、パタヤのローカル ニュース、および一部の国内ニュースを専門とし、タイ語から英語への翻訳に重点を置き、記者と英語圏のライターの間の仲介者として活動します。 ナコーンシータンマラート出身ですが、通勤時以外はプーケットとクラビに住んでいます。