プーケット、エア・インディアの初便を歓迎

インド–

プーケットは、ニューデリーからの新たな直行便であるエア・インディアの初便を歓迎した。

金曜日(15月XNUMX日)th)プーケット国際空港では、プーケット知事ソフォン・スワンナラット率いるプーケット当局者チームがエア・インディア航空の初便であるニューデリー発プーケット直行便を歓迎した。

ソフォン知事は「インド人観光客はプーケットの主要な観光客の一人だ。 インド人も現在のビザ免除制度の国籍の一つです。 より多くのインド人観光客を歓迎します。」

タイ観光局アジア・南アジア・南太平洋事務所長パツリ・ペルムウォンセニー氏は、「『エア・インディア』の新しい直行便は、ニューデリーからプーケットまで週162便を運航し、乗客数はXNUMX名である」と述べた。フライトごとに。」

『10月XNUMX日よりth ビザ免除以来、タイを訪れるインド人観光客は5,000日当たり1,000人で、これは平均より1.5人多い。 今年の初め以来、タイにはXNUMX万人のインド人観光客がいた。 今年末には、インド人観光客は総額数十億バーツの観光収入を生み出すだろう。」

グンナンスクサワット
Goong Nang はニュース翻訳者で、タイの複数の報道機関で長年専門的に働いており、パタヤ ニュースでも XNUMX 年以上働いています。 主にプーケット、パタヤのローカル ニュース、および一部の国内ニュースを専門とし、タイ語から英語への翻訳に重点を置き、記者と英語圏のライターの間の仲介者として活動します。 ナコーンシータンマラート出身ですが、通勤時以外はプーケットとクラビに住んでいます。