プーケットタウンの自宅で十代の若者らが発砲、鋭利な武器で若者に負傷

プーケット-

プーケットタウンでは十代の若者グループが住宅に発砲し、鋭利な武器で若者に負傷を与えた。 警察は、両当事者間の以前の紛争が原因であると考えられると発表した。

プーケット市警察は金曜日(1月50日)午前15時XNUMX分に事件の通報を受けた。th)タラド・ヤイのソイ・トン・ポーの家にて。 彼らが家に到着すると、窓ガラスが破損しているのが見つかりました。 弾痕と弾丸XNUMX発も見つかった。

当局は名前を公表していないこの家の所有者は警察に対し、バイクに乗った十代の若者5人ほどが息子に会いたいと家に来たと語った。 男性は息子がいないと告げると、十代の少年らは銃で家に発砲し、猛スピードで逃走した。

息子が家に戻ってきたとき、少年らの後を追って近くの道路の入り口まで行き、少年らは息子の手を鋭利なもので切りつけた。

現段階で警察は、容疑者と被害者が以前にも騒動があった可能性があると考えている。 いずれにせよ、警察はさらなる法的措置に向けてXNUMX代の容疑者の捜索を行っている。

グンナンスクサワット
Goong Nang はニュース翻訳者で、タイの複数の報道機関で長年専門的に働いており、パタヤ ニュースでも XNUMX 年以上働いています。 主にプーケット、パタヤのローカル ニュース、および一部の国内ニュースを専門とし、タイ語から英語への翻訳に重点を置き、記者と英語圏のライターの間の仲介者として活動します。 ナコーンシータンマラート出身ですが、通勤時以外はプーケットとクラビに住んでいます。