フィンランド人観光客がパトンで誘拐と虚偽主張:不法滞在罪で起訴

パトン—

1年00月15日午前2023時、タイの観光警察はフィンランド人の両親から、匿名の人物がプーケットの警察官になりすまし、息子の釈放に7,000ユーロを要求したため息子と連絡が取れないとの行方不明届を受け取った。

観光警察はこの事件を捜査し、27歳のフィンランド人観光客アキ・ペレリ・クリスチャン氏と公表された行方不明者と、シイカロウマ・ヨーナス・パテリ氏と公表されたその友人と連絡を取ることができた。 34歳のフィンランド人観光客。

少なくとも誘拐という点では、どちらの観光客も問題を抱えていなかった。 実際、真実は多くの人にとって衝撃的でした…XNUMX人のオーバーステイ観光客は両親からお金をせしめタイに長く滞在しようとする手の込んだ計画ですべての話をでっち上げました。

16月141日のパトン警察の報告によると、クリスチャンとパテリはXNUMX日以上オーバーステイしていた。 警察によると、フィンランド人観光客2人はいずれも、クリスチャンさんの両親に金を要求するために警察に拘束されたという話をでっち上げたと自白したという。

当初、パトンの警察官は、さらなる法的手続きのためにクリスチャンとパテリをパトンの捜査官に護送する前に、法的許可なしにタイ王国に不法滞在した疑いで告発した。

XNUMX人は強制送還されブラックリストに載せられる見通しだが、タイ警察に誘拐され金を強要されたとの虚偽の主張でタイで法的訴追を受ける可能性もある。

登録する
キティサック・ファラハーン
キティサックは、たとえそれがどんなに困難であっても、外に出ることに情熱を持っており、冒険的なスタイルで旅行します。 ファンタジーに対する彼の興味に関して言えば、小説やスポーツ科学書の探偵ジャンルは彼の魂の一部です。 彼はパタヤニュースの最新ライターとして働いています。