世論調査でPM2.5汚染の増加に対する懸念が明らかに

プレスリリース:

スアン・ドゥシット大学による最近の調査では、ほとんどのタイ人がPM2.5による大気汚染を懸念していることが明らかになった。 1,123月12日から15日にかけて全国の参加者90人を対象に電話インタビューを行ったこの調査では、回答者の2.5%近くがPM48.89について心配しており、41.58%が「かなり心配」、XNUMX%が「非常に心配」であることが示された。

調査によると、PM2.5 汚染の主な認識原因は、農場廃棄物の焼却と森林火災 (79.04%)、工場 (70.65%)、建設活動 (68.42%) です。回答者らは、PM2.5汚染の管理が難しい理由として、森林火災や農場残渣の焼却が繰り返される性質、人間と自然の影響、継続的な建設プロジェクトを強調した。

公害規制局の大気汚染対策センターは、本日(2.5月18日)、国内の多くの地域で高レベルのPM37.6が報告され、タイにおける公式の安全基準値は3マイクログラム/立方メートル(μg/mXNUMX)であると報告した。バンコク、ノンタブリー、ナコーンパトム、その他のいくつかの県が最も被害を受けた地域の一つです。

ケニカ・アウンジット政府副報道官は最近、補償を提供する閣議決定を受けて、より多くのサトウキビ農家が農業廃棄物の焼却を中止したと発表した。サトウキビ残渣の燃焼を控える農家には、収穫したサトウキビ1トン当たり120バーツの補助金が支払われる。

上記はタイ政府広報部からのプレスリリースです。

登録する
グンナンスクサワット
Goong Nang はニュース翻訳者で、タイの複数の報道機関で長年専門的に働いており、パタヤ ニュースでも XNUMX 年以上働いています。 主にプーケット、パタヤのローカル ニュース、および一部の国内ニュースを専門とし、タイ語から英語への翻訳に重点を置き、記者と英語圏のライターの間の仲介者として活動します。 ナコーンシータンマラート出身ですが、通勤時以外はプーケットとクラビに住んでいます。