プーケットの有名なタイのボクシング場で剣を持って徘徊したロシア人男を逮捕

チャロン–

プーケットのシャロンにある有名なタイのボクシング施設で、23歳のロシア人男が剣を持って徘徊しているのが発見され逮捕された。

シャロン警察はプーケットエクスプレスに対し、午後4時半に事件の通報を受けたと語った。月曜日(4月30日)th)ソイ・ターイアドにて。現場に到着すると、刀を持った外国人男性が道を歩いていた。警察が外国人男性を拘束し、逮捕するまでに短時間かかった。事件当時、この地域は外国人観光客や地元住民で賑わっていたため、負傷者も被害もなかったのは良かった。

この外国人男性はシャロン警察によって23歳のロシア人男性であると特定された(プーケット・エクスプレスはプライバシー保護のため精神疾患の可能性があるため名前を伏せている)。シャロン警察はプーケットエクスプレスに対し、容疑者は精神的健康上の問題を抱えており、当時は自分を制御できなかったと語った。

プーケット・エクスプレスは、ソイ・ターイアドにはタイのボクシングジムが多く、多くの外国人が住んで滞在していると指摘した。

容疑者がどのようなビザを持っていたのか、そしてこの事件で国外追放やブラックリストに載る可能性があるのか​​は不明だが、警察は最初のステップとして男性に精神科の援助を受けることになるだろうと指摘した。

登録する
グンナンスクサワット
Goong Nang はニュース翻訳者で、タイの複数の報道機関で長年専門的に働いており、パタヤ ニュースでも XNUMX 年以上働いています。 主にプーケット、パタヤのローカル ニュース、および一部の国内ニュースを専門とし、タイ語から英語への翻訳に重点を置き、記者と英語圏のライターの間の仲介者として活動します。 ナコーンシータンマラート出身ですが、通勤時以外はプーケットとクラビに住んでいます。