TAT、3.5年に観光収入2024兆バーツを目指す

プレスリリース:

バンコク (NNT) – タイ観光局 (TAT) は、3.5 年の収益目標を 2024 兆バーツに設定し、海外からの観光客からは 2.5 兆バーツ、国内観光からは 1 兆バーツが見込まれています。

観光の質を高め、持続可能な慣行を促進する計画を発表したTATのタパニー・キアファイブール知事は、その取り組みには二次都市での観光の促進と単一市場への依存の軽減が含まれると述べ、同庁の今後の「365日、毎日素晴らしいタイ」キャンペーンが期待されると付け加えた。より頻繁かつ多様な国内旅行を奨励する。

タパニー氏によると、タイ商工会議所との協力は、10年最初の73.32カ月で9万人の国内観光客が訪れ、2023億169.608万バーツを生み出したことに基づいて、XNUMXの二次都市のレベルを上げるのにも役立つだろう。

国際観光における TAT の戦略は、持続可能なブランディング、新たな市場開拓、パートナーシップ、交通接続、デジタル マーケティングに重点を置いています。主な目標は中国人観光客の復活で、8.2年に2024万人の到着を目標としている。TATは中国に焦点を当てているにもかかわらず、マレーシア、インド、ロシア、台湾などの市場や、サウジアラビアや東南アジアなどの新興市場をターゲットにすることでアプローチを多様化している。アジア諸国。

上記はタイ政府広報部からのプレスリリースです。

登録する
グンナンスクサワット
Goong Nang はニュース翻訳者で、タイの複数の報道機関で長年専門的に働いており、パタヤ ニュースでも XNUMX 年以上働いています。 主にプーケット、パタヤのローカル ニュース、および一部の国内ニュースを専門とし、タイ語から英語への翻訳に重点を置き、記者と英語圏のライターの間の仲介者として活動します。 ナコーンシータンマラート出身ですが、通勤時以外はプーケットとクラビに住んでいます。