タイが近隣諸国とのシームレスな観光推進をリード

プレスリリース:

スレッタ・タビシン首相は、日本・ASEAN協力50周年を記念する東京での首脳会議に合わせて開催されたXNUMXカ国の首脳との会談後、タイ、ベトナム、ラオス、カンボジアの間でシームレスな観光を開発する計画を発表した。

 

ベトナムのボー・ヴァン・トゥオン大統領との会談で、両首脳は閣議を再開することで合意し、ベトナムは来年XNUMX月に初会合を主催することを提案した。重要なテーマのXNUMXつは、農家の収入を増やすための米の価格戦略だ。ヴォー氏は、タイ、ベトナム、ラオス、カンボジアの間でシームレスな観光を促進し、観光客が個別のビザを必要とせずにこれらの国の間を移動できるようにするための協力的な取り組みを提案した。

 

スレッタ氏はまた、カンボジアのフン・マネ首相とも会談し、アンコール・ワット寺院群を訪れる観光客の増加を支援するため、シェムリアップにタイ総領事館を設立することについて話し合った。

インドネシアのジョコ・ウィドド大統領との会談で、スレッタ氏はインドネシアがタイ米2万トンを購入することを確認した。このコメ輸出の増加は、干ばつとエルニーニョ現象によるものと考えられています。ウィドド大統領は、来年タイのタマナット・プロンポー農業協同組合大臣と会談し、両国間の将来の貿易と協力について話し合うために当局者を派遣することを約束した。

上記はタイ政府広報部からのプレスリリースです。

グンナンスクサワット
Goong Nang はニュース翻訳者で、タイの複数の報道機関で長年専門的に働いており、パタヤ ニュースでも XNUMX 年以上働いています。 主にプーケット、パタヤのローカル ニュース、および一部の国内ニュースを専門とし、タイ語から英語への翻訳に重点を置き、記者と英語圏のライターの間の仲介者として活動します。 ナコーンシータンマラート出身ですが、通勤時以外はプーケットとクラビに住んでいます。