タイ政府、病院に対し外国人観光客を含む救急患者の受け入れを拒否できないと注意喚起

プレスリリース:

国立救急医学研究所(NIEMS)は、新年祭期間中に予想される事故の増加に対処する準備ができていることを確認した。同組織はすでに緊急医療チームの訓練を実施し、備えを万全にしている。

 

同研究所は、この問題で重要な焦点は救急患者に対する国民皆保険(UCEP)システムにあると述べた。このシステムは、危篤状態にある救急患者を保護するように設計されています。

 

UCEPでは、患者は危険を逃れ安全に搬送できるようになるまで、最初の72時間は最寄りの病院で無料で治療を受けることになっている。緊急の重篤な状態の基準には、意識不明、心停止、手足の衰弱、突然の異常、生命を脅かす重篤な身体的および脳の損傷、呼吸または循環に影響を与える状態が含まれます。
重大でない緊急事態の場合、患者は資格のある病院と調整するか、最初に保険を使用することをお勧めします。

 

病院側が定員超過などを理由に患者の受け入れを拒否した例もある。しかし、NIEMSは法律により、病院はまず患者の権利や経済状況を尋ねずに患者を入院させなければならないと強調している。

 

外国人観光客の場合、同研究所はこれをXNUMXつの問題に分けている。外国人は緊急事態に関係なくどの病院でも治療を受けることができる。ただし、重大な緊急事態の場合、病院は生命保険、健康保険、旅行保険など、外国人患者の既存の資金から費用を請求します。患者が病院に運ばれた後は、治療を拒否することはできません。

公衆衛生省傘下の NIEMS は、全国的な救急医療サービス (EMS) の開発と管理において重要な役割を果たしています。この組織は、タイの国家開発計画の一環として、EMS を一般的な医療システムに統合することに重点を置いています。

上記はタイ政府広報部からのプレスリリースです。

グンナンスクサワット
Goong Nang はニュース翻訳者で、タイの複数の報道機関で長年専門的に働いており、パタヤ ニュースでも XNUMX 年以上働いています。 主にプーケット、パタヤのローカル ニュース、および一部の国内ニュースを専門とし、タイ語から英語への翻訳に重点を置き、記者と英語圏のライターの間の仲介者として活動します。 ナコーンシータンマラート出身ですが、通勤時以外はプーケットとクラビに住んでいます。