内務省、他の州でのナイトライフ時間の延長を検討

プレスリリース:

タイ内務省は、他の県への拡大や新年祭り期間中の営業時間の延長を検討する前に、娯楽施設の午前4時までの営業を許可する試験地域を評価する必要性を改めて表明した。

アヌティン・チャーンヴィラクル副首相兼内務大臣は、アルコール販売時間を延長するかどうかを決定するにはさらなる評価が必要であると述べた。現在、酒類取締法により、認可された居酒屋は午前4時まで営業できるが、酒類の販売は深夜0時までに制限されている。

さらに、アヌティン大臣は、新年祭り期間中のナイトライフ会場の営業時間を延長する指定エリアの数を増やす可能性について首相と協議すると述べた。同氏は、営業時間の延長には地元警察や麻薬取締局など他の機関との調整が必要だと強調した。

内務大臣はまた、指定地域外、特にマハーサーラカーム県における娯楽施設の無許可の深夜営業についても言及した。同氏は、会場が許可区域外で営業し、規定の時間を過ぎてアルコールを販売した場合、法的措置に直面するだろうと強調した。同氏は、全員が遵守し責任を負うのであれば、現行法で秩序を維持するのに十分だと断言した。

この政策の評価のタイミングについて尋ねられたところ、アヌティン氏はできるだけ早く評価を行うと答え、XNUMX年の期間を示唆した。同氏は、新たな法律の改正や施行は、有益かつ制御可能とみなされる場合には実行されると説明した。

上記はタイ政府広報部からのプレスリリースです。

登録する
グンナンスクサワット
Goong Nang はニュース翻訳者で、タイの複数の報道機関で長年専門的に働いており、パタヤ ニュースでも XNUMX 年以上働いています。 主にプーケット、パタヤのローカル ニュース、および一部の国内ニュースを専門とし、タイ語から英語への翻訳に重点を置き、記者と英語圏のライターの間の仲介者として活動します。 ナコーンシータンマラート出身ですが、通勤時以外はプーケットとクラビに住んでいます。