スラートターニーの島付近でフェリー沈没、観光客70人救出

スラートターニー–

夜行フェリーに水が浸入し、約70人の観光客が避難し、最終的にアントン島近くで沈没した。

ボプット警察署長デンドゥアン・トンスリスク大佐は、金曜日(22月XNUMX日)プーケットエクスプレスに次のように語った。nd)朝、スラートターニーからタートル島(タオ島)に向かう夜行フェリーから事件の知らせを受けた。

フェリーがアントン島近くに到着したとき、強い波がフェリーを襲い、フェリー内に水が漏れ始めた。事件当時の波の高さは最大3メートルに達した。外国人乗客約70人が避難し、無事陸地に到着するまでに約XNUMX時間かかり、最終的にフェリーは海中に沈没した。

最近、南部とパタヤでも同様の事件が発生しました。

クーリーブリ地区でダイビングボートが転覆し、外国人1人とタイ人1人が依然として行方不明となっている。

ムアンパンガーでボートが転覆し、ロシア人4人とタイ人のツアーガイド1人が救出された。

29年23月2023日の夜、日没近くにラン島から到着したドンタンビーチ近くで、大半が外国人観光客であるXNUMX人を乗せた双胴船が転覆した。軽傷は6人だった。

日曜日(19月3日)、観光用スピードボート「バンダヤ24号」がサトゥーンのリペ島から約73キロ離れたブブ島付近で転覆した。ボートには子供3人と乗組員4人を含む73人の観光客が乗っていた。

登録する
グンナンスクサワット
Goong Nang はニュース翻訳者で、タイの複数の報道機関で長年専門的に働いており、パタヤ ニュースでも XNUMX 年以上働いています。 主にプーケット、パタヤのローカル ニュース、および一部の国内ニュースを専門とし、タイ語から英語への翻訳に重点を置き、記者と英語圏のライターの間の仲介者として活動します。 ナコーンシータンマラート出身ですが、通勤時以外はプーケットとクラビに住んでいます。