チュムポーンでバス運転手が居眠り運転、乗客XNUMX人生存

写真: Eak Teen Pee Lang Suan 救助​​チーム

チュンポン–

ソンクラのハジャイからラノーンまでのバスの乗客XNUMX人が、ランスアン地区で運転手が居眠り運転をした後、重傷を負わずに済んだ。

ランスアン警察は土曜早朝(23月XNUMX日)に事故の通報を受けた。rd) ターマプラ地区のアジア 41 幹線道路沿いにあります。救急隊員が現場に到着すると、ラノーン~ハジャイ間を走行していた破損した旅客バスが道路脇にあるのを発見した。

乗客XNUMX名がさまざまな怪我を負い、近くの病院に搬送された。他のXNUMX人は軽傷を負っただけだった。

ナコーンシータンマラ在住のバス運転手ワンチャ・ラクサジャンさん(48)はタイメディアに対し、ソンクラのハジャイからラノーンに向かう途中だと語った。彼は、ハンドルを握りながら居眠りをした後、突然目が覚めてバスを道端に止めようとしたことを認めた。

ランスアン警察はさらなる法的措置に向けて捜査を続けている。

同様の事故:

淮陽警察は、プラチュワップキーリーカン市タップサカエ地区ペトカセム通りで大型バスが街路樹に衝突したという事故報告を受けた。 14名が死傷し、多数の負傷者が報告された。

自動車技術者、タイ陸運局、関連機関は、プラチュワップキーリーカンのハトワナコーン国立公園で街路樹に衝突したバンコク発ナタウィ行きの大型バスの現地調査を行った。 死者数は15年10月2023日時点でXNUMX人に増加した。

登録する
グンナンスクサワット
Goong Nang はニュース翻訳者で、タイの複数の報道機関で長年専門的に働いており、パタヤ ニュースでも XNUMX 年以上働いています。 主にプーケット、パタヤのローカル ニュース、および一部の国内ニュースを専門とし、タイ語から英語への翻訳に重点を置き、記者と英語圏のライターの間の仲介者として活動します。 ナコーンシータンマラート出身ですが、通勤時以外はプーケットとクラビに住んでいます。