先週のタイ国内の主なニュース: 多くのボートが転覆したなど

ここでは、先週、18年2023月24日月曜日から2023年XNUMX月XNUMX日日曜日まで、パタヤニュース/TPNナショナルチームによって選ばれたタイ全国のトップ記事を紹介します。

重要度は特にありませんが、発行日順に並べています。

始めて、トップ ストーリーが何であったかを見てみましょう!
  1. ムクダハン地方裁判所の裁判官は、悪名高い「ノン・チョンプー」殺人事件の評決を読み上げ、フォンおじさんとして一般的に知られるチャイポル・ウィファ氏に懲役20年を命じ、妻、ソンポルン・ラブポーさんまたは叔母に対する起訴を棄却した。田園。 フォンおじさんは判決に対して控訴し、現在保釈中である。
  2. タイ国営メディアは5月16日、バンコク〜ナタウィ線、タップサカエ、プラチュワップキーリーカン間で発生したバス事故について最新情報を伝えた。その結果、XNUMX名が死傷し、多数の負傷者が出たと報告されている。 この事件は、運転手の十分な休息の確保など、タイの交通機関とバスの安全性についてネット上で大きな議論を引き起こした。これは、法執行機関による事実調査により、ドライバーが居眠りをしていたという事実が判明したためである。
  3. タイの中央捜査官と関連機関は、元シールズ教官を雇って養子と妻を殺害しようとした疑いのある台湾の大物実業家を逮捕するため、チョンブリー、サムットプラカーン、バンコクの8か所で捜索活動を開始した。
  4. パックレット警察は、ノンタブリーのパックレット市場で、ピンクラインの電車から鉄製レールが地面に落下し、多くの車両と高圧電柱が損傷したとの通報を受けた。 本稿執筆時点では、影響を受けたピンクラインの一部はレール落下に至った正確な一連の出来事を解明するため、関連機関や当局による調査のため閉鎖されている。幸いなことに、この事故では負傷者は出ませんでした。
  5. 日曜日(19月3日)、観光用スピードボート「バンダヤ24号」がサトゥーンのリペ島から約73キロ離れたブブ島付近で転覆した。ボートには子供3人と乗組員4人を含む73人の観光客が乗っていた。

タイでのボート転覆事故は金曜日(22月XNUMX日)以来、少なくともXNUMX件目となった。その多くは、外国人観光客や荒天時のボートの出航に関係しており、悪天候時の出港小型船舶に対する海事局当局の取り締まりにつながっている。海兵隊関係者らによると、タイ全土の寒波が強風と波、転覆の原因になっているという。

今週は以上です。いつもご愛顧いただきありがとうございます。
グンナンスクサワット
Goong Nang はニュース翻訳者で、タイの複数の報道機関で長年専門的に働いており、パタヤ ニュースでも XNUMX 年以上働いています。 主にプーケット、パタヤのローカル ニュース、および一部の国内ニュースを専門とし、タイ語から英語への翻訳に重点を置き、記者と英語圏のライターの間の仲介者として活動します。 ナコーンシータンマラート出身ですが、通勤時以外はプーケットとクラビに住んでいます。