タイ南部のXNUMXつの県が洪水に見舞われる

タイ南部–

防災・減災省(DDPM)は、大雨が続く中、タイ南部のXNUMXつの県が洪水に見舞われていると報告した。

DDPMが火曜日(26月XNUMX日)に報じた。th)、22月XNUMX日よりnd 12月まで26th, 2023年にはサトゥーン、ソンクラー、パッターニー、ヤラー、ナラティワートの24つの県が洪水に見舞われています。合計 92 の地区、384 の準地区、19,624 の村、XNUMX 世帯が影響を受けています。

これら 16,680 つの県のうち、ナラティワート州は洪水が最も激しく、被害世帯数が最も多く、合計 XNUMX 世帯となっています。

ナラティワート市ソア通り地区の洪水で避難中にボートが転覆し、89人が行方不明になっていると報告されており、63歳と2歳の女性高齢者と8歳とXNUMX歳の少年が行方不明となっている。

ナラティワート州知事トラグーン・トーサム氏は、州の洪水地域を視察し、洪水被害者を支援しました。

火曜日午前の閣議後、タイのスレッタ・タビシン首相もナラティワートを訪問し、支援を申し出た。

登録する
グンナンスクサワット
Goong Nang 氏は、長年にわたりタイの複数の報道機関で専門的に働いてきたニュース翻訳者であり、The Pattaya News では 5 年間働いています。主にプーケット、パタヤのローカルニュース、および国内ニュースを専門とし、タイ語から英語への翻訳と、記者と英語圏のライターの仲介役として活動しています。出身はナコーンシータマラートですが、通勤時以外はプーケットとクラビに住んでいます。