首相、ナラティワートの洪水被災地を訪問

プレスリリース:

ナラティワート(NNT) – スレッタ・タビシン首相は、ランゲ地区で続いている深刻な洪水に対処するため、26月200日にナラティワート県を訪問した。首相は政府関係者を伴い、地元の救援センターに避難している高齢者や子供を含むXNUMX人以上の洪水被害者への支援を申し出た。

訪問中、スレッタ氏はこのような災害が頻繁に起こることを認識し、より優れた洪水早期警報システムの必要性を強調した。彼は救援物資を配布し、医療チームと交流し、被災地域を支援するための警察官やボランティアの努力に感謝の意を表した。

首相はまた、地元の農家に王室動物の飼料の寄付を届け、洪水被害者に食料を提供する軍運営の移動キッチンを確認した。

旅行を終える前に、スレッタさんは危機に関するさらなる情報を得るために、進行中の洪水で破壊されたコミュニティを訪れました。同氏は、備えの重要な必要性を強調し、同州と深南部全体の洪水によってもたらされる持続的な脅威を管理し、軽減するための包括的な戦略の実施を求めた。

上記はタイ政府広報部からのプレスリリースです。

登録する
グンナンスクサワット
Goong Nang はニュース翻訳者で、タイの複数の報道機関で長年専門的に働いており、パタヤ ニュースでも XNUMX 年以上働いています。 主にプーケット、パタヤのローカル ニュース、および一部の国内ニュースを専門とし、タイ語から英語への翻訳に重点を置き、記者と英語圏のライターの間の仲介者として活動します。 ナコーンシータンマラート出身ですが、通勤時以外はプーケットとクラビに住んでいます。