パトンでナイフ乱闘、ミャンマー人男XNUMX人を逮捕

パトン–

パトンのホテル近くで夜にナイフで争いが起き、ミャンマー人の男2人が逮捕された。

パトン警察は深夜0時45分過ぎに事件の通報を受けた。火曜日(26月XNUMX日)、プラチャ・ヌクロー通りのホテル近くのバーの前で。目撃者らは警察に、バイクを運転する十代の若者たちのグループが別のグループを追いかけていたと語った。目撃者らは銃声のような音を聞いたと話している。

警察は現場を検証し、近くの監視カメラの映像を確認した。警察が発見したのは爆竹の玉だけだった。付近では銃で撃たれた痕跡は見つからなかった。

警察はティアン・ペイさん(23)とMRを発見した。現場近くにいるミャンマー国籍のウィン・シトゥーさん(21)。彼らは警察に対し、以前にも衝突したことのある他の約XNUMX人のミャンマー人男性が襲われたとき、ビーチに座っていたと話した。中にはナイフを持っている人もいました。 2人は逃走したが、ミャンマー人男性らは追いかけ続けた。そのうちのXNUMX人はナイフを使ってバイクを殴り、その後スピードを上げて逃走したとされている。

警察は最終的にMRと特定された容疑者19人を逮捕した。タイ人、21歳、MR. SITE IAN、50歳、二人ともミャンマー国籍。押収されたのは長さ約50センチのナイフ。彼らはパトンのナナイ通りにあるソイロンワイにある中華鍋キャンプで逮捕された。

彼らはパトン警察署に連行され、公共の場で他人を攻撃したり武器を所持した罪で起訴された。

ニュースレター登録
グンナンスクサワット
Goong Nang はニュース翻訳者で、タイの複数の報道機関で長年専門的に働いており、パタヤ ニュースでも XNUMX 年以上働いています。 主にプーケット、パタヤのローカル ニュース、および一部の国内ニュースを専門とし、タイ語から英語への翻訳に重点を置き、記者と英語圏のライターの間の仲介者として活動します。 ナコーンシータンマラート出身ですが、通勤時以外はプーケットとクラビに住んでいます。