プーケット桟橋近くでXNUMX隻の木造船が火災に見舞われる

プーケット-

ラサダの桟橋近くで火災が発生し、古い木造船XNUMX隻が全焼した。

プーケット市警察は水曜日(27月XNUMX日)に火災の通報を受けた。th)ラサダの桟橋近くの朝。消防車を駆ったラサダ市の消防士、プーケット海洋警察、プーケットエクスプレスが現場に到着したところ、ボートから煙が出ているのを発見した。

鎮火するまでに15分ほどかかった。誰もボートの所有者を名乗っておらず、負傷者も報告されていない。火災の原因は、本稿執筆時点でまだ法医学警察によって調査中である。

グンナンスクサワット
Goong Nang はニュース翻訳者で、タイの複数の報道機関で長年専門的に働いており、パタヤ ニュースでも XNUMX 年以上働いています。 主にプーケット、パタヤのローカル ニュース、および一部の国内ニュースを専門とし、タイ語から英語への翻訳に重点を置き、記者と英語圏のライターの間の仲介者として活動します。 ナコーンシータンマラート出身ですが、通勤時以外はプーケットとクラビに住んでいます。