パンガー島近くで遺体が浮遊しているのが発見される

パンガー–

パンガー島の近くで遺体が浮いているのが発見された。

タイ王国海軍第3方面軍はプーケットエクスプレスに対し、今週初めにクラビのピピ島とパンガーのヤオ島の間を移動中に遺体を発見したと遊覧船の船長から連絡を受けたと語った。しかし、辺りは暗く、タイ王国海軍はすぐに遺体を回収することができなかった。

先週、タイ王国海軍は、ボート乗組員であるミャンマー国籍のソーさん(36)とのみ特定される男性が漁船から転落したとの通報を受けた。船長はその時すぐに捜したが、ソーさんは見つからなかった。タイ海軍は、目撃された遺体が行方不明のミャンマー人乗組員である可能性があると考えている。

最近、南部とパタヤでも同様の事件が発生しました。

夜行フェリーに水が浸入し、約XNUMX人の観光客が避難し、最終的にアントン島近くで沈没した。

クーリーブリ地区でダイビングボートが転覆し、外国人1人とタイ人1人が依然として行方不明となっている。

ムアンパンガーでボートが転覆し、ロシア人4人とタイ人のツアーガイド1人が救出された。

29年23月2023日の夜、日没近くにラン島から到着したドンタンビーチ近くで、大半が外国人観光客であるXNUMX人を乗せた双胴船が転覆した。軽傷は6人だった。

日曜日(19月3日)、観光用スピードボート「バンダヤ24号」がサトゥーンのリペ島から約73キロ離れたブブ島付近で転覆した。ボートには子供3人と乗組員4人を含む73人の観光客が乗っていた。

プーケットの島でボートに水が浸入し、3人が救助された。

グンナンスクサワット
Goong Nang はニュース翻訳者で、タイの複数の報道機関で長年専門的に働いており、パタヤ ニュースでも XNUMX 年以上働いています。 主にプーケット、パタヤのローカル ニュース、および一部の国内ニュースを専門とし、タイ語から英語への翻訳に重点を置き、記者と英語圏のライターの間の仲介者として活動します。 ナコーンシータンマラート出身ですが、通勤時以外はプーケットとクラビに住んでいます。