パトンでカラオケ喧嘩容疑で男性が刺し傷で死亡

パトン–

パトンのカラオケ店前で男性が刺し傷を負い死亡しているのが発見された。

パトン警察はプーケットエクスプレスに対し、今週初めにプラメッタ通りのソイタンにあるカラオケ前で男性が死亡しているのが発見されたとの通報を受けたと語った。警察と救助隊員が現場に到着すると、近くの道路で血を流した男性の遺体を発見した。胸郭に刺し傷が見つかった。

警察によって同容疑者は、タイ東北部のノン・ブア・ランプー出身の24歳のイット氏とのみ特定された。遺体の近くには争った形跡はなかった。警察は、男が近くから逃走し、現場で死亡しているのが発見されたものとみている。

目撃者らは警察に対し、男性は近くのカラオケ店のスタッフだったと話した。また、近くを負傷した不審な男が歩き回っているのを目撃したとも述べた。その後警察は不審な男を発見し、スラートターニー在住のチャットさん(32)とのみ特定された。 itさんと同じカラオケ店のスタッフです。チャットさんは頭に傷を負い、取り調べのためパトン警察署に連行された。

目撃者らは警察に対し、2人は未公開の件についてカラオケ内で口論し、口論していた、と語った。被害者は襲われた後逃走し、その後死亡しているのが発見された。警察はさらなる法的措置に向けて近くの監視カメラの映像を確認している。

警察は問題のカラオケ店の名前を公表していない。チャット氏は本稿執筆時点でまだ拘留されている。

グンナンスクサワット
Goong Nang はニュース翻訳者で、タイの複数の報道機関で長年専門的に働いており、パタヤ ニュースでも XNUMX 年以上働いています。 主にプーケット、パタヤのローカル ニュース、および一部の国内ニュースを専門とし、タイ語から英語への翻訳に重点を置き、記者と英語圏のライターの間の仲介者として活動します。 ナコーンシータンマラート出身ですが、通勤時以外はプーケットとクラビに住んでいます。