タイ新年515日間交通安全キャンペーン初日、飲酒運転事件XNUMX件

写真: カオサーン ムアン プラカン

タイ -

タイ保護観察局は初日(515月29日)、タイ国内での飲酒運転件数が合計XNUMX件と報告した。th)新春セブンデイズ交通安全運動。

飲酒運転の事件数は、保護観察中の他の事件の95.02パーセントを占め、事件の圧倒的多数を占めている。

飲酒運転件数が最も多い上位3県はサムットプラカン県の78件、次いでバンコクの69件、ノンタブリー県の53件となっている。

昨年のキャンペーン初日の事件数を比較すると、保護観察処分を受けた犯罪者の数は214人だった。今年は301人で、キャンペーンの昨年より58%増加した。 。

この記事の元のバージョンは、親会社である TPN メディアが所有する姉妹ウェブサイトの TPN ナショナル ニュースに掲載されました。

グンナンスクサワット
Goong Nang はニュース翻訳者で、タイの複数の報道機関で長年専門的に働いており、パタヤ ニュースでも XNUMX 年以上働いています。 主にプーケット、パタヤのローカル ニュース、および一部の国内ニュースを専門とし、タイ語から英語への翻訳に重点を置き、記者と英語圏のライターの間の仲介者として活動します。 ナコーンシータンマラート出身ですが、通勤時以外はプーケットとクラビに住んでいます。