プーケットのマイトン島近くでスピードボート事故でロシアの5歳女児死亡

プーケット-

プーケットのボート事故で、5歳のロシア人少女の死亡が確認され、ボートの船長が意識を失い負傷した。さらに、シャロン州マイトン島近くで同じ事故でスピードボートが岩に衝突し、外国人観光客6人とボート乗組員1人がさまざまな負傷を負った。

プーケット海洋事務所はプーケットエクスプレスに対し、緊急対応者に午後3時20分に事故の通知があったと語った。日曜日(3月20日)。救助隊員が現場に到着し、損傷したスピードボートを発見した。

41歳のロシア人少女は年齢のため名前が伏せられていたが、当初は昏睡状態にあった。ボートの船長、ナッタルート氏(XNUMX)は顔面に重傷を負い、意識を失った。他のXNUMX人の外国人観光客とボート乗組員のプリーチャ・ソワソン氏もさまざまな負傷を負った。彼らは桟橋に連れ戻された後、プーケットの病院に運ばれた。ロシア人少女は悲しいことにその後地元の病院で死亡が確認された。

外国人観光客7人を乗せたスピードボートは午前中にシャロン桟橋からクラビのピピ島に向けて出発した。プーケットに戻る途中、スピードボートは事故前にシャロンのマイトン島に停泊していた。

この事故は本稿執筆時点ではまだ調査中だった。

これは発展するストーリーです。

グンナンスクサワット
Goong Nang はニュース翻訳者で、タイの複数の報道機関で長年専門的に働いており、パタヤ ニュースでも XNUMX 年以上働いています。 主にプーケット、パタヤのローカル ニュース、および一部の国内ニュースを専門とし、タイ語から英語への翻訳に重点を置き、記者と英語圏のライターの間の仲介者として活動します。 ナコーンシータンマラート出身ですが、通勤時以外はプーケットとクラビに住んでいます。