元旦、プーケットのホテル前で銃撃を受け男性死亡

カロン –

元旦にカロンのホテル前で男性が銃撃で死亡した。容疑者は直ちに逮捕された。

カロン警察はプーケットエクスプレスに対し、午前4時30分に事件の通報を受けたと語った。新年の朝(1月XNUMX日)st)コク・タノッド・ロードにある正体不明のホテルの前。警察、救助隊員、プーケットエクスプレスが現場に到着すると、ホテル前の地面に血だまりがあった。負傷した被害者のアヌポン・パンペンさん(30)はすでに病院に運ばれたが、その後悲劇的に亡くなった。

身元不明の目撃者らはカロン警察に対し、アヌポン氏は以前にも容疑者と衝突したことがあったと語った。アヌポンさんは、容疑者は同じホテルで働いていたガールフレンドが好きだったのではないかと考えた。昨年2023年XNUMX月、アヌポン氏はこの問題で容疑者と激しく口論し、容疑者にガールフレンドから離れるように警告した。

新年の朝(1月XNUMX日)st) アヌポンさんは仕事の後、ホテルにガールフレンドを迎えに行きました。しかし、容疑者は仕事を早く終えて銃を取りに帰宅し、銃を持ってホテルに戻ってきた。ガールフレンドを迎えに到着したアヌポンさんに向かって銃を1発発砲し、その後逃走した。

午前7時カロン警察は、ナム氏(仮名)00歳の男を逮捕した。男から押収したのは、弾丸が32発入った手作りの拳銃だった。彼はXNUMX時間以内にシャロンのレンタルルームで逮捕された。伝えられるところによると、ヌムさんは警察に対し、被害者のガールフレンドをめぐる過去の対立が原因でアヌポンさんを撃ったと認めたという。

本稿執筆時点でナム氏はまだ警察に拘留されている。ガールフレンドの名前はプライバシーのために伏せられていた。

グンナンスクサワット
Goong Nang はニュース翻訳者で、タイの複数の報道機関で長年専門的に働いており、パタヤ ニュースでも XNUMX 年以上働いています。 主にプーケット、パタヤのローカル ニュース、および一部の国内ニュースを専門とし、タイ語から英語への翻訳に重点を置き、記者と英語圏のライターの間の仲介者として活動します。 ナコーンシータンマラート出身ですが、通勤時以外はプーケットとクラビに住んでいます。