タイは2024年に新たな航空会社XNUMX社を迎える予定

プレスリリース:

(NNT) – 政府は、新たな航空会社40社の就航により後押しされ、2024年の27万人から増加し、2023年には19万人の外国人観光客を誘致することを目指しています。この目標は、渡航制限の緩和と国境の再開により、国内の観光産業が新型コロナウイルス感染症のパンデミックから回復の兆しを示している中で行われた。

運航を開始する予定の新しい航空会社は、アジアン・エアロスペース・サービス、サイアム・シープレーン、リアリー・クール・エア、アバンティ・エア・サーター、ランダーチ航空、バンコク・ヘリコプター・サービス、パタヤ航空、アジア・アトランティック航空、P80エアです。地方便や国内線に集中する航空会社もあれば、潜在的に国際線も含めてタイの航空市場に供給能力を追加する航空会社もある。

これらの航空会社は政府から財政支援を受けており、政府は雇用の創出と経済成長の促進を期待している。 2023 年のタイの空港の乗客数は約 100 億人で、タイ空港局 (AOT) は、130 年度にはさらに 2024 億 2019 万人に増加すると予測しています。この予測は、XNUMX 年のパンデミック前の乗客レベルに近い水準に戻ることを示しています。

タイ民間航空局(CAAT)も、ほぼ新型コロナウイルス感染症以前の状況に回復するという全体的な予想と一致し、2024年には航空業界が復活すると予測している。この発展は来年、タイの観光と経済セクターに大きく貢献する予定です。

上記はタイ政府広報部からのプレスリリースです。

グンナンスクサワット
Goong Nang はニュース翻訳者で、タイの複数の報道機関で長年専門的に働いており、パタヤ ニュースでも XNUMX 年以上働いています。 主にプーケット、パタヤのローカル ニュース、および一部の国内ニュースを専門とし、タイ語から英語への翻訳に重点を置き、記者と英語圏のライターの間の仲介者として活動します。 ナコーンシータンマラート出身ですが、通勤時以外はプーケットとクラビに住んでいます。