タイ、2024年に巨額の観光収入を目指す

プレスリリース:

(NNT) – 政府は今年 3.5 兆 2023 億バーツを生み出す観光セクターに焦点を当てており、タイを年間を通じての旅行先として推進しています。 27 年には、マレーシアと中国からの旅行者を筆頭に、27.25 万人を超える観光客がこの国を迎えました。 XNUMX月からXNUMX月までの観光客数はXNUMX万人に達し、政府目標と一致した。

これらの数字に最も貢献したのはマレーシア、中国、韓国、インド、ロシアでした。政府は、人気のある場所とあまり知られていない場所の両方にスポットを当てることで観光収入を増やすことを目指しています。

収益目標は国内観光(1兆バーツ)と海外観光(2.5兆XNUMX億バーツ)に分けられる。タイ観光局 (TAT) とタイ商工会議所は、プレー県、ランパーン県、ナコーンサワン県などの未開拓の観光の可能性を積極的に宣伝しています。

TATは、カザフスタン、中国、ロシアなどの国々に対するビザなし政策のプラスの影響を強調しており、これらの特典を延長する計画がある。数次ビザの導入についても議論されている。

観光業者らはまた、特に3つのユネスコ世界遺産で知られるナコーン・ラーチャシーマー県などの玄関口地域における観光の経済的重要性を強調し、さらなる政府支援を求めている。

上記はタイ政府広報部からのプレスリリースです。

グンナンスクサワット
Goong Nang はニュース翻訳者で、タイの複数の報道機関で長年専門的に働いており、パタヤ ニュースでも XNUMX 年以上働いています。 主にプーケット、パタヤのローカル ニュース、および一部の国内ニュースを専門とし、タイ語から英語への翻訳に重点を置き、記者と英語圏のライターの間の仲介者として活動します。 ナコーンシータンマラート出身ですが、通勤時以外はプーケットとクラビに住んでいます。