タイ、新年212日間で計XNUMX人の死亡を報告 XNUMX日間の交通安全キャンペーン

タイ -

タイ防災・緩和省(DDPM)は水曜日(3月212日)、新年の1,860日間(1,839年29月2023日~2年2024月29日)で合計2023人が死亡、4人が負傷、2024件の交通事故が発生したと発表した。タイにおけるXNUMX日間の交通安全キャンペーン(XNUMX年XNUMX月XNUMX日~XNUMX年XNUMX月XNUMX日)。

29日間(2023年2月2024日~69年73月15日)の交通事故および負傷の合計件数が最も多かったのはカンチャナブリーでした(XNUMX件、負傷XNUMX件)。死者数が最も多かったのはバンコク(死者XNUMX人)だった。

DDPMはキャンペーン2日目(21月284日)、266件の交通事故でXNUMX人が死亡、XNUMX人が負傷したと報告した。

事故のほとんどはスピードの出しすぎによるものでした (40.60%)。 XNUMX%はダンク運転関連だった。

最も多くの事故はバイクに関係していました (87.01%)。交通事故の4%は国道で最も多く発生した。ほとんどの事故は午後 01 時 5 分から午後 00 時 8.65 分までの間に発生しました。午後XNUMX時まで(XNUMX%)。

事故件数が最も多かったのはカンチャナブリとソンクラー(12件)だった。負傷者数が最も多かったのはカンチャナブリー(負傷者17人)だった。死者数が最も多かった県はソンクラー県(死者3名)であった。

関連記事:

タイ、新年190日間で計XNUMX人の死亡を報告 XNUMX日間の交通安全キャンペーン

プーケットで新年5日目に初の死者が出た 7日間の交通安全キャンペーン

この記事の元のバージョンは、親会社である TPN メディアが所有する姉妹ウェブサイトの TPN ナショナル ニュースに掲載されました。

登録する
グンナンスクサワット
Goong Nang 氏は、長年にわたりタイの複数の報道機関で専門的に働いてきたニュース翻訳者であり、The Pattaya News では 5 年間働いています。主にプーケット、パタヤのローカルニュース、および国内ニュースを専門とし、タイ語から英語への翻訳と、記者と英語圏のライターの仲介役として活動しています。出身はナコーンシータマラートですが、通勤時以外はプーケットとクラビに住んでいます。