プーケットで英国人男が銃と弾薬で逮捕

プーケット-

ウィチットで英国人男性が、カマラのトゥクトゥクタクシー内で「友人」と呼ぶ男性と口論になり、銃と弾丸を所持し逮捕された。

カマラ警察署長のソムサック・トンクレアン大佐はプーケット・エクスプレスに対し、カマラ警察とロイヤル・プーケット入国管理局が、火曜日の夜(2月39日)、英国人のブライアント氏(XNUMX歳)とのみ特定される男を逮捕したと語った。

彼から押収されたのは、弾丸9発が入った50mmシグ・ザウアー拳銃だった。彼はカマラ警察署に連行され、法的許可なく銃器と弾薬を所持し、法的許可なしに公共の場で銃を所持した疑いで起訴された。

逮捕は元旦の夜(1月XNUMX日)st)カマラ警察は身元不明のトゥクトゥクタクシー運転手から、外国人乗客が銃を所持しているとの通報を受けた。タクシーはパトンからカマラまで外国人乗客2人を乗せていた。 1人はトゥクトゥクのタクシー内で不特定の事柄について口論を始め、それがエスカレートし、カマラのソイパラダイスXNUMXにいた際、ブラント氏が銃を取り出し、その鈍い先端で相手の顔を殴ったとされている。警察は現場で弾丸薬莢を発見し、後に容疑者を確実に特定した。

警察はブライアント氏が事件後にカマラからウィチットに移動し、そこで逮捕されたことを突き止めた。男性は警察に対し、酒に酔ってパトンビーチで会った友人と口論していたと供述した。友人の名前はメディアには明らかにされなかった。ブライアントはウィチットのチャオファ西通りにあるムアン・チャオファ・ラグーン付近に銃と弾丸を投棄した。ブライアント氏はパトンビーチでタイ人から自己防衛のために銃を借りたと主張したが、この人物の身元もメディアには明かされなかった。タイでなぜ「観光客」が身を守るために銃を必要とするのかも不明だ。

プーケット入国管理局はプーケット・エクスプレスに対し、ブライアント氏は昨年スワンナプーム空港経由でタイに3回入国し、プーケットに滞在していたと語った。彼のインスタグラムの投稿は、自家用飛行機で多くの国を旅する贅沢なライフスタイルを披露しているようだ。

彼の現在のビザは3か月の観光ビザです。しかし、警官は彼がプーケットで何をしていたのか、そしてただの観光客であるのになぜ銃を携帯しなければならないのかを調べている。入国管理局は、ブライアント氏の訴訟を受けてビザが取り消され、ブラックリストに載るか国外追放されるかについてはすぐにはコメントせず、ブライアント氏と違法なビジネスやベンチャーとの関連の可能性について引き続き調査を続けるとだけ述べた。

登録する
グンナンスクサワット
Goong Nang 氏は、長年にわたりタイの複数の報道機関で専門的に働いてきたニュース翻訳者であり、The Pattaya News では 5 年間働いています。主にプーケット、パタヤのローカルニュース、および国内ニュースを専門とし、タイ語から英語への翻訳と、記者と英語圏のライターの仲介役として活動しています。出身はナコーンシータマラートですが、通勤時以外はプーケットとクラビに住んでいます。