AOT、タイ・中国間のビザ不要政策に準備完了、中国人観光客の増加に期待

プレスリリース:

(NNT) – タイ政府による中国との永続的ビザ免除協定の承認を受けて、タイ空港局 (AOT) はビザ無料政策を支援する用意ができています。

同庁は関連機関と協力して、入国旅客と出国旅客の両方の手続きを促進し、さまざまなサービスポイント、特に入国審査や手荷物受取所での混雑を引き起こすことなく流動性を確保している。また、さらなる利便性を実現するテクノロジーも統合されています。

これに加えて、AOTは航空会社を誘致し、便数と国際線旅客数を増やすための航空市場刺激プロジェクトを立ち上げた。

チャーター便や不定期便またはリース便を含む定期国際線を運航する航空会社は、承認された運航スケジュールを超えて、追加乗客 175 人につき XNUMX バーツの割引を受けます。

これには、追加便の航空機着陸サービス料金が最大 75% 割引されます。このプログラムは、1 年 2023 月 31 日から 2024 年 XNUMX 月 XNUMX 日まで遡って適用されます。

新しい飛行ルートを開設する航空会社向けのプロジェクトもあり、AOTは航空機の着陸料、航空機の駐機料、エアブリッジの使用の割引を検討する予定だ。

AOTは、VISA FREE措置により、2024年には8万人以上の中国人観光客がタイを訪れると予想しており、これは75万人の中国人観光客がタイを訪れた2019年と比較して11.1%回復するものである。

上記はタイ政府広報部からのプレスリリースです。

グンナンスクサワット
Goong Nang はニュース翻訳者で、タイの複数の報道機関で長年専門的に働いており、パタヤ ニュースでも XNUMX 年以上働いています。 主にプーケット、パタヤのローカル ニュース、および一部の国内ニュースを専門とし、タイ語から英語への翻訳に重点を置き、記者と英語圏のライターの間の仲介者として活動します。 ナコーンシータンマラート出身ですが、通勤時以外はプーケットとクラビに住んでいます。