タイ南部の洪水救援活動が強化

プレスリリース:

第4陸軍地域は、状況が通常に戻りつつあるため、当局に対し南部の洪水被害者を緊急に支援するよう指示を出した。

第4軍管区司令官サンティサクンタナク中将は、洪水前、洪水中、洪水後、すべての部門が準備を整え、支援を提供しており、状況の管理に役立ったと述べた。

同首相は、住宅、公共財産、政府施設を含む洪水によって引き起こされた広範な被害を認め、その被害は計り知れないと述べた。

司令官は、軍はさまざまな政府部門と連携し、緊急時に迅速に国民を支援するために人員や装備を配備していると付け加えた。

現在、洪水の状況は緩和されており、軍は復旧、復興、洪水の被害を受けた国民への救援と補償に重点を置いている。

この支援は、軍、警察、行政当局、民間部門、民間人を含むあらゆる部門の協力によって促進されており、すべてが影響を受けた国民の苦難を軽減するために前進しています。

これらの取り組みには、国民がこの危機を乗り越え、できるだけ早く通常の生活に戻れるようにすることを目的として、被害を受けた家屋、政府の建物、学校、モスク、道路の清掃支援が含まれます。

上記はタイ政府広報部からのプレスリリースです。

グンナンスクサワット
Goong Nang はニュース翻訳者で、タイの複数の報道機関で長年専門的に働いており、パタヤ ニュースでも XNUMX 年以上働いています。 主にプーケット、パタヤのローカル ニュース、および一部の国内ニュースを専門とし、タイ語から英語への翻訳に重点を置き、記者と英語圏のライターの間の仲介者として活動します。 ナコーンシータンマラート出身ですが、通勤時以外はプーケットとクラビに住んでいます。