タイ、新年284日間の交通安全キャンペーンで死者は計XNUMX人に

タイ -

タイ防災・緩和省(DDPM)は金曜日(5月284日)、新年の2,307日間(2,288年29月2023日から4年2024月XNUMX日まで)で合計XNUMX人が死亡、XNUMX人が負傷、XNUMX件の交通事故が発生したと発表した。タイでのXNUMX日間の交通安全キャンペーン。

29日間(2023年4月2024日~82年89月19日)の交通事故と負傷の合計件数が最も多かったのはカンチャナブリーでした(XNUMX件、負傷XNUMX件)。死者数が最も多かったのはバンコク(死者XNUMX人)だった。

DDPMはキャンペーン4日目(17月205日)、200件の交通事故でXNUMX人が死亡、XNUMX人が負傷したと報告した。

事故のほとんどはスピードの出しすぎによるものでした (48.60%)。ほとんどの事故はバイクに関係していました (88.72%)。交通事故の7%は国道で最も多く発生した。ほとんどの事故は午前01時8分から午前00時8分の間に発生しました。午前XNUMX時まで(XNUMX%)。

事故と負傷の件数が最も多かったのはタークでした (12 件、負傷 15 件)。死者数が最も多かった県はローイエット県とスパンブリー県(死者3名)であった。

この記事の元のバージョンは、親会社である TPN メディアが所有する姉妹ウェブサイトの TPN ナショナル ニュースに掲載されました。

登録する
グンナンスクサワット
Goong Nang はニュース翻訳者で、タイの複数の報道機関で長年専門的に働いており、パタヤ ニュースでも XNUMX 年以上働いています。 主にプーケット、パタヤのローカル ニュース、および一部の国内ニュースを専門とし、タイ語から英語への翻訳に重点を置き、記者と英語圏のライターの間の仲介者として活動します。 ナコーンシータンマラート出身ですが、通勤時以外はプーケットとクラビに住んでいます。