パンガーでシュノーケリング後に中国人観光客死亡

パンガー–

プーケットからの中国人観光客がクラブリー地区の島近くでシュノーケリング中の事故で死亡した。

シミラン諸島のタイ王国海軍駐屯地はプーケット・エクスプレスに対し、金曜日(5月XNUMX日)にシミラン国立公園職員から中国人観光客が第XNUMX島(ガオ島)付近でシュノーケリング中に意識を失ったとの連絡を受けたと語った。

現場に急行したところ、30歳の中国人男性が意識不明で脈拍もなかった。彼らは彼に心肺蘇生法を提供し続け、パンガーの陸の病院に彼を急行させた。残念なことに、医療スタッフの最善の努力にもかかわらず、彼は到着時に死亡が宣告され、遺体はヴァチラ・プーケット病院に運ばれました。

身元不明のツアーガイドがプーケット・エクスプレスに語ったところによると、中国人観光客は単独でタイを訪れていたが、最近ツアーグループに加わり、プーケットのホテルに滞在していたという。事故が起きたとき、彼はツアーグループとともにパンガーへの日帰り旅行に出かけていた。

本稿執筆時点では、関係当局が観光客がシュノーケリング中に何が起こったのか、そしてどのようにして亡くなったのかを正確に調査している。被害者の名前は、家族と大使館に適切に連絡するため、パンガー当局によって公表されなかった。

登録する
グンナンスクサワット
Goong Nang はニュース翻訳者で、タイの複数の報道機関で長年専門的に働いており、パタヤ ニュースでも XNUMX 年以上働いています。 主にプーケット、パタヤのローカル ニュース、および一部の国内ニュースを専門とし、タイ語から英語への翻訳に重点を置き、記者と英語圏のライターの間の仲介者として活動します。 ナコーンシータンマラート出身ですが、通勤時以外はプーケットとクラビに住んでいます。