タイの新年交通安全キャンペーン7,864日間で飲酒運転事件が計XNUMX件報告

タイ -

タイ保護観察局は、タイでの7,864日間(29年2023月4日から2024年XNUMX月XNUMX日まで)で合計XNUMX件の飲酒運転事件を報告した。)新春セブンデイズ交通安全運動。

飲酒運転の事件数は、保護観察中の他の事件の97.06パーセントを占め、事件の圧倒的多数を占めている。

469日間で飲酒運転事件数が最も多かった上位351県はバンコクで328件、次いでナコーンパノムでXNUMX件、ノンカイでXNUMX件となった。

関連記事:

大晦日(31月2,247日)のある日、飲酒運転件数はXNUMX件となった。

タイ防災・緩和省(DDPM)は金曜日(5月284日)、新年の2,307日間(2,288年29月2023日から4年2024月XNUMX日まで)で合計XNUMX人が死亡、XNUMX人が負傷、XNUMX件の交通事故が発生したと発表した。タイでのXNUMX日間の交通安全キャンペーン。

プーケットは、新年2日間の交通安全キャンペーンの40日間(41年29月2023日~4年2024月XNUMX日)で合計XNUMX人の死亡、XNUMX人の負傷者、XNUMX件の事故を発表した。

この記事の元のバージョンは、親会社である TPN メディアが所有する姉妹ウェブサイトの TPN ナショナル ニュースに掲載されました。

グンナンスクサワット
Goong Nang はニュース翻訳者で、タイの複数の報道機関で長年専門的に働いており、パタヤ ニュースでも XNUMX 年以上働いています。 主にプーケット、パタヤのローカル ニュース、および一部の国内ニュースを専門とし、タイ語から英語への翻訳に重点を置き、記者と英語圏のライターの間の仲介者として活動します。 ナコーンシータンマラート出身ですが、通勤時以外はプーケットとクラビに住んでいます。