陸軍司令官、伝統的な服装をめぐる法的措置の主張を否定

プレスリリース:

バンコク (NNT) – 第 4 陸軍地域司令官サンティ・サクンタナク中将は、文化博覧会で伝統的なマレーの衣装を着た南部の若者に対して法的措置が取られているという主張を却下し、彼らはむしろ分離主義関連の活動への関与を理由に召喚されたことを明らかにした。

この問題について議論する際、サンティ中将は、伝統的なマレー衣装コンテストが異議なく開催された以前の見本市を例に挙げ、文化表現に対するタイ当局の支援を強調した。同氏は、この問題に関する誤った情報の拡散をやめるよう求めた。

しかし、第4地域軍のスポークスマンであるプラモテ・プロミン中将は、特定のグループがマレー文化フェアを自らの目的のために悪用したと指摘した。これには、分離主義を奨励する詩の引用や、分離主義勢力に関連する旗の掲揚などの活動が含まれます。

当局は、このグループに対する法的措置は彼らの服装の選択とは関連していないことを確認した。その代わりに、発行される召喚状は過去の活動に関連付けられています。彼らは、各個人が公平に扱われ、犯罪の有罪が証明されない限りいかなる罪も追及されないと保証した。

上記はタイ政府広報部からのプレスリリースです。

登録する
グンナンスクサワット
Goong Nang はニュース翻訳者で、タイの複数の報道機関で長年専門的に働いており、パタヤ ニュースでも XNUMX 年以上働いています。 主にプーケット、パタヤのローカル ニュース、および一部の国内ニュースを専門とし、タイ語から英語への翻訳に重点を置き、記者と英語圏のライターの間の仲介者として活動します。 ナコーンシータンマラート出身ですが、通勤時以外はプーケットとクラビに住んでいます。