プーケットで珍しいオオムラクジラを発見

プレスリリース:

白いオオムラクジラが、プーケットのヘイ島から9キロ南にあるボートに乗った旅行者によって発見され、海洋生物学者らは、この目撃例はタイ、そしておそらく世界中でこのとらえどころのない種の初記録となる可能性があると述べている。

カセサート大学の海洋生物学者、トン・タムロンナワサワット准教授は、オムラクジラをブルーダクジラと区別する特徴である、頭の前部にある単一の隆起に基づいてクジラを特定した。

大村クジラは主に東南アジアと日本の南の海域に生息する珍しい種です。タイでは、タイ湾よりもアンダマン海でよく目撃されています。白いオオムラクジラの目撃は特にまれであり、トーン准教授は、そのような出来事が起こる確率は約10万分のXNUMXであると示唆しています。

当局はまた、ピピ島近くで観光客が体長7メートルのシロイルカを目撃したことも報告した。現在、この海洋生物の種類の確認を進めている。大村のクジラが生息していると知られる海域で遊覧船や漁船を操業する場合は、警戒するよう呼び掛けている。

上記はタイ政府広報部からのプレスリリースです。

グンナンスクサワット
Goong Nang はニュース翻訳者で、タイの複数の報道機関で長年専門的に働いており、パタヤ ニュースでも XNUMX 年以上働いています。 主にプーケット、パタヤのローカル ニュース、および一部の国内ニュースを専門とし、タイ語から英語への翻訳に重点を置き、記者と英語圏のライターの間の仲介者として活動します。 ナコーンシータンマラート出身ですが、通勤時以外はプーケットとクラビに住んでいます。