2.5州でPM20汚染に関する緊急警報発令

プレスリリース:

公害管理局(PCD)は、大気中のPM 2.5粒子状物質の危険レベルについて緊急警告を発し、タイ全土の20県に影響を与えている。  

この警報は、何百万人もの住民に重大な健康リスクをもたらす深刻な大気質危機に対処し、緩和するための即時行動を求めています。厳戒態勢が敷かれている県には、バンコク、パトゥムターニー、ノンタブリなどの主要都市中心部や、サムットプラーカーン、サムットサーコーンなどの主要工業地域が含まれる。

PCDは声明の中で、増大する大気汚染レベルと闘うために取るべき一連の措置を概説した。これらの対策には、産業排出物の厳格な管理、車両汚染を減らすための交通管理の強化、国民啓発キャンペーンの強化などが含まれます。同庁はまた、この環境問題に取り組む上での官民双方の協力の重要性も強調した。

この危機に対する政府の対応は迅速で、地方自治体が汚染防止対策を講じるために動員された。バンコクやその周辺地域など、歴史的に大気汚染のレベルが高い地域には特別な注意が払われています。政府はまた、大気汚染の原因となっている車両の検査を厳格化するとともに、代替的でクリーンな交通手段の推進も進めている。

タイの大気質と PM2.5 レベルに関する最新情報については、次のサイトをご覧ください。 www.pm25.gistda.or.th。

上記はタイ政府広報部からのプレスリリースです。

登録する
グンナンスクサワット
Goong Nang 氏は、長年にわたりタイの複数の報道機関で専門的に働いてきたニュース翻訳者であり、The Pattaya News では 5 年間働いています。主にプーケット、パタヤのローカルニュース、および国内ニュースを専門とし、タイ語から英語への翻訳と、記者と英語圏のライターの仲介役として活動しています。出身はナコーンシータマラートですが、通勤時以外はプーケットとクラビに住んでいます。