マレーシア人の男、ケタミン関連容疑で保釈金を破った疑いで7年後にプーケットで逮捕

プーケット-

マレーシア人の男がプーケット国際空港で逮捕された。彼はケタミンで逮捕されてから7年間保釈条件を破っていたと言われている。

プーケット入国管理局は月曜日(8月XNUMX日)プーケットエクスプレスに次のように語った。th)彼らはプーケット空港の国際線到着ターミナルでマレーシア人男性(58)を逮捕した。彼はカテゴリー2の薬物(ケタミン)の不法所持で告発されている。

同氏は保釈後に裁判所に出頭しなかったことから、7年間逃亡していたと言われている。彼は昨日刑事裁判所に連行された。

現時点では容疑者の名前は報道陣から伏せられている。マレーシア人男性は報道陣に声明を発表しておらず、なぜ以前は自然の陸地国境を越えて逃亡していたのに、なぜ時間をかけてタイに戻ることにしたのかは不明だ。

登録する
グンナンスクサワット
Goong Nang 氏は、長年にわたりタイの複数の報道機関で専門的に働いてきたニュース翻訳者であり、The Pattaya News では 5 年間働いています。主にプーケット、パタヤのローカルニュース、および国内ニュースを専門とし、タイ語から英語への翻訳と、記者と英語圏のライターの仲介役として活動しています。出身はナコーンシータマラートですが、通勤時以外はプーケットとクラビに住んでいます。