ラワイでヨット転覆、ロシア人6人とタイ人3人が救出

ラワイ–

ラワイ島の近くでヨットが転覆し、ロシア人観光客6人とタイ人3人が救助された。

プーケット海洋事務所はプーケットエクスプレスに対し、午後3時50分に次のように語った。火曜日(3月50日)th)彼らはヨットの船長、ジャクリー・クエンコン氏から事故のことを知らされた。彼は身元不明のロシア人観光客9名とタイ人の乗客40名を乗せていた。彼らは午前XNUMX時XNUMX分にシャロンの桟橋を出発した。午前中はマイトン島とラチャ島への旅行。

コーラル島の西側に到着した際、ヨットの水道管の1本が壊れていた。ヨット内に水が非常に速く漏れ、ウォーターポンプが十分に早く水を除去できませんでした。風も波も非常に穏やかだったとされているにもかかわらずだった。

ヨットが午後5時05分に完全に転覆する前に、近くにいたボートが転覆船を助けた。ヨットから油は漏れず、乗客と乗組員全員が無事にウィチットのパンワ岬の桟橋に到着した。負傷者はいなかった。

同様の話:

プーケットのボート事故で、5歳のロシア人少女の死亡が確認され、ボートの船長が意識を失い負傷した。さらに、シャロン州マイトン島近くで同じ事故でスピードボートが岩に衝突し、外国人観光客6人とボート乗組員1人がさまざまな負傷を負った。

シャロンのマイトン島近くでスピードボートが岩に衝突し、休暇中にロシアの5歳の少女が死亡した後、船長の血流からアンフェタミンが検出された。

グンナンスクサワット
Goong Nang はニュース翻訳者で、タイの複数の報道機関で長年専門的に働いており、パタヤ ニュースでも XNUMX 年以上働いています。 主にプーケット、パタヤのローカル ニュース、および一部の国内ニュースを専門とし、タイ語から英語への翻訳に重点を置き、記者と英語圏のライターの間の仲介者として活動します。 ナコーンシータンマラート出身ですが、通勤時以外はプーケットとクラビに住んでいます。