プーケットでひき逃げ事故で米国人駐在員死亡

タラン–

マイカオ地区の事故現場で、アメリカ人のバイク運転手がトラック運転手にはねられ、現場で死亡が確認された。

ターチャチャイ警察は午後7時30分に事故の通報を受けた。木曜日(11月XNUMX日)th) ソイ ルアン イン近くのテープ クラサトリ ロード南行き車線にあります。

警察、救助隊員、プーケットエクスプレスが現場に到着し、歩道上で破損したバイクを発見した。近くで頭部に重傷を負った外国人ライダーの遺体が発見された。

その後警察により、男性は60歳のアメリカ人男性であることが判明した。 (プーケット・エクスプレスは、大使館と家族への通知が出るまで彼の名前は公表されていない)。警察によれば、彼はマイカオのホテルでレクリエーションディレクターとして働いており、地元ではかなり有名な駐在員だったという。

目撃者らは警察に対し、直進してきたバイクのライダーの前でソイに曲がるトラックがいたと語った。バイクはトラックに衝突され、ライダーは地面に倒れ、トラックの運転手がバイクを轢いた。トラックの運転手は減速も停止もせず、事故後すぐに現場から逃走したとみられる。

タラーン警察はさらなる法的措置を講じ、トラックの運転手を特定し逮捕するために近くの監視カメラ映像を確認している。彼らはまた、トラックの運転手に警察に出頭して自首するよう勧めた。

この事故は、有名なイラン人ボクサーがプーケットでバイク事故で亡くなってからわずか数時間後に起きた。

グンナンスクサワット
Goong Nang はニュース翻訳者で、タイの複数の報道機関で長年専門的に働いており、パタヤ ニュースでも XNUMX 年以上働いています。 主にプーケット、パタヤのローカル ニュース、および一部の国内ニュースを専門とし、タイ語から英語への翻訳に重点を置き、記者と英語圏のライターの間の仲介者として活動します。 ナコーンシータンマラート出身ですが、通勤時以外はプーケットとクラビに住んでいます。