首相、プーケットで第4回タイ・ビエンナーレ開催を称賛

プレスリリース:

スレッタ・タビシン首相は、プーケットで第4回タイ・ビエンナーレが開催されたことに祝意を表した。彼は、南部の町の取り組みがこの地域の歴史的、文化的、観光的知名度を高めることになると信じています。

首相はソーシャルメディアプラットフォーム「X」で、第4回タイ・ビエンナーレの主催者となるプーケット国民に満足していると述べた。

同氏は、プーケットが芸術で有名なクリエイティブ・シティ・ネットワークの一部として宣言され、芸術都市として台頭しつつあると指摘した。これは、継続的にアートを生み出している強力な地元アーティスト コミュニティによって強化されています。

さらに、プーケットの人々は、タイ人と外国人の両方にとってすでによく知られている歴史、文化、観光の魅力を活用して、観光名所として芸術を活用することに熱心です。

現代アートフェスティバルには世界的に著名なアーティストが数多く参加することが期待されている。タイ・ビエンナーレは、文化省傘下の現代芸術文化局が主催する年2回の国際現代美術展です。

上記はタイ政府広報部からのプレスリリースです。

グンナンスクサワット
Goong Nang はニュース翻訳者で、タイの複数の報道機関で長年専門的に働いており、パタヤ ニュースでも XNUMX 年以上働いています。 主にプーケット、パタヤのローカル ニュース、および一部の国内ニュースを専門とし、タイ語から英語への翻訳に重点を置き、記者と英語圏のライターの間の仲介者として活動します。 ナコーンシータンマラート出身ですが、通勤時以外はプーケットとクラビに住んでいます。