こどもの日の災害:サトゥーンで自然災害救助車両ショーが失敗、44人の子供が負傷

サトゥーン—

13 年 2024 月 44 日、サトゥーンの地元メディアは、クアンドン地区での子供の日に、職員が自然災害救助車両を使用してショーを行っていた事故を報じました。救助車両の一部の故障により、XNUMX人の子供たちがほとんど軽傷を負った。

地元メディアの報道によると、当局が自然災害救助活動に使用する橋梁車両を操作中に鋼製スリングが切れた。 不幸な故障が発生したとき、車両には多くの子供たちが乗っていた。


「橋が地面に叩きつけられた後、44人の子供たちが背中の痛み、腰の痛み、手首の痛みなどの軽傷を負った。しかし、事故後、子供3人はさらなる怪我をする可能性があるため医師によって厳重に監視されていた」とサトゥン・メディアは報じた。

事故後、サトゥーン知事のサクラ・カピラカン氏は関係機関に対し、責任を持って状況に責任を負い、犠牲者を収容するよう命令を出した。最後に、サクラ氏はサトゥーンの子供の日に今後のショーで大型機械を使用することの禁止を強調した。

車両と装置のメンテナンスに関する調査が明らかに進行中だった。

この記事はもともと姉妹ウェブサイトのパタヤニュースに掲載されたものです。

キティサック・ファラハーン
キティサックは、たとえそれがどんなに困難であっても、外に出ることに情熱を持っており、冒険的なスタイルで旅行します。 ファンタジーに対する彼の興味に関して言えば、小説やスポーツ科学書の探偵ジャンルは彼の魂の一部です。 彼はパタヤニュースの最新ライターとして働いています。