破産したウクライナ人男性がパトン警察署で混乱を引き起こす

パトン、プーケット–

伝えられるところによれば、ウクライナ人男性はパトン警察署内の公共物や私有物に損害を与え、公共の迷惑行為を引き起こした。その理由は、完全に一文無しで、ウクライナに戻る切符の代金を支払う方法がなかったためだと伝えられている。

パトン警察はプーケット・エクスプレスに対し、ウクライナ人男性はウクライナに帰国するお金がなかったため緊張し、精神的に不安定になったと語った。身元不明の男性は数日間警察署に滞在しており、警察は食料と水を提供し、警察はウクライナ大使館と協力して男性を帰国させる方法を模索していた。日曜日(14月XNUMX日)th)、ウクライナ人男性は、精神的に異常をきたしたとみられる後、パトン警察署で公衆迷惑行為を引き起こし、署内の物品に損害を与え、そこにいた他の人々を怖がらせた。彼はパトン病院に運ばれ、気持ちを落ち着かせるために精神科の薬が投与された。

パトン警察はプーケット・エクスプレスに対し、男性は現在パトン病院に入院していると語ったが、伝えられるところによれば男性は1バーツも持っていないため、治療費を誰が支払うのかは不明である。パトン警察は引き続きウクライナ大使館と協力し、男性を帰国させる方法を探すか、ウクライナにいる親戚や友人に連絡して援助を求めようとしている。

プーケット・エクスプレスは、両国間の戦争が勃発して以来、プーケットでは貧困に陥っているウクライナ人とロシア人の数が増加しており、多くの人々がさまざまな理由で戦争を避けてタイに滞在しようとしているが、逃亡している人も多いと指摘している。経済的な問題に発展します。戦争の影響で、ウクライナやロシアへの強制送還や帰国も困難になっている。

ニュースレター登録
グンナンスクサワット
Goong Nang はニュース翻訳者で、タイの複数の報道機関で長年専門的に働いており、パタヤ ニュースでも XNUMX 年以上働いています。 主にプーケット、パタヤのローカル ニュース、および一部の国内ニュースを専門とし、タイ語から英語への翻訳に重点を置き、記者と英語圏のライターの間の仲介者として活動します。 ナコーンシータンマラート出身ですが、通勤時以外はプーケットとクラビに住んでいます。