チェンマイ寺院の敷地内で日光浴をする外国人観光客が地元住民の怒りを引き起こす

チェンマイ —

14年2024月XNUMX日日曜日、チェンマイの尊敬される仏教寺院であるワット・チェンマンでXNUMX人の外国人観光客が寺院の敷地内で日光浴をしているのが目撃され、その行動について懸念が生じた。

地元の報道によると、ヨーロッパ人旅行者とのみ確認された女性2人は、タンクトップとショートパンツを着て、寺院の聖域と古い塔の近くの芝生エリアで日光浴をしているのが目撃されたという。その光景に動揺した身元不明の住民が寺院当局に近づき、状況を知らせた。

しかし、寺院当局は当該住民に対し、観光客の不適切な行動について観光ガイドに通知すると述べたが、当該住民の主張によれば、それ以上の措置は講じられなかった。伝えられるところによれば、観光客らは、不確実な期間、一見平然として日光浴を続けたという。この時点で、懸念を抱いた市民は、この問題に注目を集める目的で写真をソーシャルメディアに投稿しました。

この事件はタイのソーシャルメディアユーザーの間で激しい議論を巻き起こしており、寺院当局はもっと適切に状況に対処すべきだったと批判する人もいる。一部のネチズンは、特に外国人観光客向けに、寺院での日光浴に対する警告看板を設置することを提案しました。一方、英語メディアや多くの外国人はこの問題を理解していないか、あるいはこの事件はいわゆる急須の中の嵐だと主張したと伝えられている。

ワット チェン マンは、ムアン地区のシー プム地区にあるチェンマイで最も人気のある歴史的建造物の 1 つです。毎日多くのタイ人や海外からの観光客が訪れます。

本稿執筆時点では、警察やその他の法人が観光客を何らかの尋問のために連行しようとするかどうか、あるいは何らかの法的責任が問われる可能性があるかどうかは不明である。

この記事の元のバージョンは、親会社のTPNメディアが所有する姉妹ウェブサイトのパタヤニュースに掲載されました。

-=-=-=-=-=-=-= – =-=-=-=-=-=-=-=

フォローをお願いします Facebook, Twitter, グーグルニュース, Instagram, チクタク, Youtube, Pinterest, Flipboard, スレッドまたは タンブラー

アラートを破るためにLINEに参加してください!

または、 アラートを破るためにTelegramに参加してください!
法律相談や弁護士が必要ですか? お手伝いします。 ここをクリック。

タナコーン・パンヤディー
パタヤニュースの最新のローカルニュース翻訳者。 エイムはXNUMX歳で、現在バンコクで大学の最後の年を過ごし、勉強しています。 彼は、英語の翻訳、ストーリーテリング、起業家精神に興味を持っており、勤勉はこの世界でのすべての成功に不可欠な要素であると信じています。