サムイ島は今年クルーズ船ブームを期待

プレスリリース:

スラートターニー県のサムイ島では、今年47隻のクルーズ客船が島に寄港する予定で、乗客数は推定25,000万XNUMX人となり、観光客の急増が見込まれている。タイ観光局(TAT)によると、これらの訪問者の大部分は米国、ヨーロッパ、オーストラリアからの旅行者になると予想されます。

10月だけでも島には13隻のクルーズ船の到着が見込まれている。ちょうど今週の土曜日(2,852月5日)、南の島は2,543隻のクルーズ客船の乗客を出迎えた。セレブリティ・ソルスティスには、香港からベトナムを経由してシンガポールに向かう、主にアジア人の観光客XNUMX人が訪れた。一方、マイン・シフXNUMX号はシンガポールとクアラルンプールからの主にドイツ人を含むXNUMX人の観光客を乗せて到着し、ベトナムへ向かう予定だった。

20隻の船の訪問者はサムイ島のXNUMX日ツアーに参加し、その支出は地元経済に約XNUMX万バーツを注入すると予測されました。

TATは、サムイ島へのクルーズ船の訪問数が着実に増加していることは、サムイ島の観光産業が継続的に上昇傾向にあることを示していると述べた。昨年だけで、この島にはクルーズ客船で50,000万人近くの観光客が訪れ、この流入により地元経済は大幅に押し上げられ、約150億XNUMX万バーツの収入があった。

上記はタイ政府広報部からのプレスリリースです。

登録する
グンナンスクサワット
Goong Nang はニュース翻訳者で、タイの複数の報道機関で長年専門的に働いており、パタヤ ニュースでも XNUMX 年以上働いています。 主にプーケット、パタヤのローカル ニュース、および一部の国内ニュースを専門とし、タイ語から英語への翻訳に重点を置き、記者と英語圏のライターの間の仲介者として活動します。 ナコーンシータンマラート出身ですが、通勤時以外はプーケットとクラビに住んでいます。