先週のタイ国内のトップニュース: 娯楽目的での使用を禁止するマリファナ法案が賛否両論を引き起こすなど

ここでは、先週、8年14月2024日月曜日からXNUMX月XNUMX日日曜日まで、パタヤニュース/TPNナショナルチームが選んだタイ全国のトップ記事を紹介します。

重要度は特にありませんが、発行日順に並べています。

始めて、トップ ストーリーが何であったかを見てみましょう!
  1. タイ公衆衛生大臣チョルナン・スリケオ博士は、マリファナ法案を閣議に提出し、医療用途のみに焦点を当てていることを強調した。

タイ伝統代替医療局(DTTAM)の副所長であるテワン・タニーラット博士は、マリファナ法案草案の進捗状況を発表した。

タイの大麻産業と親大麻活動家はこの法案に満足しておらず、その結果、この法案は国民の意見募集に提出され、23月XNUMX日まで変更が提案され、公衆衛生大臣はこの法案はまだ最終的なものではなく、まだ草案にすぎないと強調した。

2. サコンナコーンで運転手を乗せたトラックが逆走しバスと衝突し、僧侶37人が現場で死亡が確認され、他XNUMX人が負傷した。

この大事故により、タイの道路をより安全にする方法についてオンラインで大きな議論が巻き起こりました。

3. サコンナコーンのパンコン地区の警察は、池から2つの大きな鉄製の箱を回収したが、それぞれに生命のない遺体が入っていた。

警察は35歳の男を逮捕したが、ワルートとだけ特定された。伝えられるところによれば、彼は不安定な行動をとり、叫び声を上げたり、支離滅裂に話したりしたという。ワルートさんはダウン症であることが判明しており、殺害された人々の親戚だった。しかし、なぜ彼がそうしたとされるのかは不明である。

4. 首相補佐官でタイ・テコンドー協会会長のピモル・スリビコーン教授は、スポーツ産業小委員会の第1回会議後、ムエタイを学ぶ外国人向けのタイ滞在ビザの60日から90日の延長について公に明らかにした。 。

このニュースはタイ全土のムエタイ学生を興奮させるに違いない。

5. サトゥーンの地元メディアは、クアンドン地区で子供の日に、職員が自然災害救助車両を使ってショーを行っていた事故を報じた。救助車両の一部の故障により、44人の子供たちがほとんど軽傷を負った。

この事故により、サトゥーン知事は将来のこどもの日に向けて、子供向けのデモに大型救助車両を使用することを禁止した。

今週はここまでです、ご安全に!

この記事の元のバージョンは、親会社である TPN メディアが所有する姉妹ウェブサイトの TPN ナショナル ニュースに掲載されました。

登録する
グンナンスクサワット
Goong Nang 氏は、長年にわたりタイの複数の報道機関で専門的に働いてきたニュース翻訳者であり、The Pattaya News では 5 年間働いています。主にプーケット、パタヤのローカルニュース、および国内ニュースを専門とし、タイ語から英語への翻訳と、記者と英語圏のライターの仲介役として活動しています。出身はナコーンシータマラートですが、通勤時以外はプーケットとクラビに住んでいます。