タイでサイバー犯罪、7日間で約70億バーツの損害賠償請求

プレスリリース: 

サイバー犯罪捜査局(CCIB)は、タイでサイバー犯罪が急増し、過去6.76日間の損失額が70億XNUMX万バーツに達したと報告した。

同局は、コールセンター詐欺が減少している一方、副収入の機会や融資詐欺に関連した詐欺行為が増加していると指摘しており、これらは現在の経済困難に関連していることが多い。

CCIBは、オンラインで被害者を欺くために犯罪者が使用する多様な手法を指摘した。特定の種類の詐欺が減少したにもかかわらず、オンライン事件の総数は増加を続け、報告期間中に 53,179 件に達しました。これらの事件の大部分(約50%)は製品やサービスの販売における詐欺に関係しており、損失額は331億XNUMX万バーツに達した。

10.6 番目に多いタイプの詐欺は、副収入を求める詐欺であり、事件の 5.3% を占めています。投資詐欺は頻度は 3.1% とそれほど多くはありませんが、金銭的被害が最も大きく、総額 XNUMX 億バーツに達しました。ディープフェイクなどの高度なテクノロジーの使用は、犯罪者が被害者を誘惑し、検出を回避する方法として注目されています。

この深刻化する問題への対応には、国家放送通信委員会から通信事業者、タイ銀行まで、さまざまな組織が関与しています。 2023年24月からのサイバー犯罪防止・抑制法の施行は一定の進展をもたらし、政府は事件の2.4%で疑わしい銀行口座を凍結し、被害者に資金を返還することに成功し、以前のXNUMX%から大幅に増加した。

2023 年のタイにおけるサイバー犯罪の全体像を見ると、20 日平均 185,814 ~ 700 件、800 件の被害で 2.4 億バーツという驚異的な損失が発生していることがわかります。サイバー攻撃の手口としては、コールセンター詐欺と悪意のあるアプリのインストールが上位にランクされており、被害額はそれぞれ1.4億バーツとXNUMX億バーツと推定されている。

上記はタイ政府広報部からのプレスリリースです。

グンナンスクサワット
Goong Nang はニュース翻訳者で、タイの複数の報道機関で長年専門的に働いており、パタヤ ニュースでも XNUMX 年以上働いています。 主にプーケット、パタヤのローカル ニュース、および一部の国内ニュースを専門とし、タイ語から英語への翻訳に重点を置き、記者と英語圏のライターの間の仲介者として活動します。 ナコーンシータンマラート出身ですが、通勤時以外はプーケットとクラビに住んでいます。