チェンマイ観光警察、観光客の日光浴をめぐる論争に対応、教育措置を計画

チェンマイ—

16年2024月14日、チェンマイ観光警察は、XNUMX月XNUMX日にチェンマイの旧寺院地区で水着姿で日光浴をした観光客XNUMX人を事情聴取し、その妥当性についてタイのソーシャルメディアで論争を巻き起こした。

チェンマイとバンコクのサナームルアンの旧寺院地区で日光浴をしていた観光客2人の事件に関する最新ニュースをお読みください。

タイの記者らは、19人の観光客が20歳とXNUMX歳のポーランド人旅行者であることを明らかにしたが、報道機関は名前を伏せ、旅行者は事件に対して遺憾の意を表明し、タイの文化や伝統を理解していないと述べたと伝えられている。

彼らは宗教分野やチェンマイの地元住民に対して意図的に不適切な行為を引き起こしたわけではありません。タイの記者らによると、彼らはまた、「やってはいけないこと」のガイドラインに関する指示に従うことを約束し、観光警察に感謝したという。

しかし、チェンマイ観光警察は、特別な観光スポット、特に宗教的および王室の場所に外国人観光客向けの情報標識を制定する予定です。、複数の言語で。また、交通会社や旅行会社と協力して、何が適切で何が不適切であるかを観光客に教育する予定だ。

この記事はもともと姉妹ウェブサイトのパタヤニュースに掲載されたものです。

キティサック・ファラハーン
キティサックは、たとえそれがどんなに困難であっても、外に出ることに情熱を持っており、冒険的なスタイルで旅行します。 ファンタジーに対する彼の興味に関して言えば、小説やスポーツ科学書の探偵ジャンルは彼の魂の一部です。 彼はパタヤニュースの最新ライターとして働いています。